金属旋盤とは?使用、定義、操作、部品、図

旋盤は、機械製造で最も広く使用されているタイプの工作機械です。旋盤は工作機械総数の約20%〜35%を占めています。主に、さまざまな回転面(内筒と外筒、円錐面、成形回転面など)と回転体の端面を処理します。一部の旋盤は、ねじ面も処理できます。

旋盤の紹介:16種類の旋盤

旋盤の説明:旋盤は、制御方法、機械構造、機械の目的、加工材料によって16種類に分類され、基本的な機械部品の種類によっても分類されます。

中国で工作機械の信頼できる適切なサプライヤーを見つける方法

工作機械は、旋削、切削、穴あけ、鍛造、フライス加工などの金属加工プロセスで使用される一般的な処理装置です。工作機械は産業の母であるということわざがあります。そのため、工作機械は世界の発展に重要な役割を果たしています。
中国は何年もの間世界の工場でした